カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

やさしい質屋さん

Author:やさしい質屋さん
柏市の国道沿いにある質屋。 店主とスタッフは100人の通行人よりも、1人のファンを増やす為に日々努力しています。気になる方はご来店下さい。
「誠心誠意」もてなします。

最新記事

最新画像

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  質屋の宿敵

sassan27.jpg


以前の記事【鑑定眼】に登場したモアサナイト
ダイヤの類似石(合成石)で、質屋の宿敵とも言える存在です。

非常に熱伝導性が高く、ダイヤの鑑定器具である
ダイヤモンドセレクターを使用してもダイヤと判定されてしまいます。
また、見た目も非常にダイヤに似ており
質屋業に携わる物でも油断すれば見間違う厄介モノです。

私の過去の鑑定例では、プラチナリングの中央に1ctの大粒ダイヤがあり
それを取巻く様にメレダイヤがセットされた豪華な指輪でした。
取巻きのメレダイヤは本物の天然ダイヤだったのですが
中央の1ctダイヤがモアサナイトだったのです。

熟練の鑑定士であれば、モアサナイトの特徴でもあるダブリングで判別できます。
ダブリングとは石を通して文字等を見ると屈折性の影響により
二重に見える現象で、理科の授業で使ったプリズムと同じ原理です。

齢40を超えた私 実は近視・乱視・老眼と三位一体で
常に二重に見えたりしてしまいます。
こんなしょぼくれた眼でダブリングを判別することは難しいです。
そんな時に活躍するのがコレ。

sassan28.jpg

その名も『ナイトテスター』
電気伝導率によりモアサナイトを判別。
中央左の丸い部分の中心に対象の石を接触させるだけ。
ダイヤモンドセレクターと併用することで
より正確な鑑定が可能となります。

「なんだ、鑑定器具があれば鑑定士はいらないんじゃないか」と思ったあなた
それは心の中にしまっておいて下さい。


番頭ジョニー

nanatsuya2
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。